無料ブログはココログ

« 東大の大賀ハスの美しさ | トップページ | 文字・活字文化推進機構 »

2007年7月18日 (水)

『売れる!ネーミング発想塾』

齋藤孝/ダイヤモンド社/1470円

 ペットボトル入りお茶の熾烈な販売競争で、「お~いお茶」という「会話型」の商品名が連呼されたあと、京都の老舗・福寿園の創業者名をネーミングに使った「伊右衛門」がヒットした。

 ネーミングの秘訣は、「説明系」「イメージ系」という2つの系と、会話型、責任者明記型をはじめ、擬態語型、トリビア型、パクリ型など30近くの型の組み合わせをどう選ぶかである。とすれば、「齋藤孝式ネーミングマップ」は、アイデアの泉かもしれない。

« 東大の大賀ハスの美しさ | トップページ | 文字・活字文化推進機構 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409261/7083603

この記事へのトラックバック一覧です: 『売れる!ネーミング発想塾』:

» ペットの墓 [ペットの墓、ペットと一緒に入りたい]
ペットの墓が気になります。 [続きを読む]

« 東大の大賀ハスの美しさ | トップページ | 文字・活字文化推進機構 »

最近のトラックバック